2006年12月08日

三都主



■ボロ スパーズ戦の乱闘騒ぎで1発退場となったジョージ・ボーテングは上告が認められレッドカードは取り消しになった
■スパーズ ロビー・キーンが膝の靭帯を負傷、5〜6週間離脱
■スパーズ ジャーメン・ジーナスが足首を負傷、4週間離脱
■ボロ イングランドU-21代表、プレストンのストライカー、デイビット・ニューじぇントに500万ポンド(約10億円) 用意し獲得を狙っている模様
■チェルシー シェフチェンコについてモウリーニョ監督は戦術に適応できないでのあればチームを出て行くことになるとロシアの雑誌のインタビューで発言したとされているが、 誤解だとし否定している
■マンチェスター・U オーウェン・ハーグリーブスとの交渉を進めならが、ボルドーのRio Mavubaとも会談を平行して行っていく模様
■日本代表の三都主アレッサンドロにボルトン、ウエストハム、ウィガンが興味を示している模様。ボルトンは今年の夏から注目しており、 移籍可能ならば1月に移籍市場で獲得に動く模様。三都主は2〜3年前にチャールトン移籍の話があったが、 労働許可が下りず破談となっている
■チェルシー カルロ・クディチーニが負傷で日曜日のアーセナル戦への出場が微妙
■サンダーランド ナイアル・クイン会長が1月の移籍市場でロイ・キーン監督をバックアップするとコメント
■ポーツマス ショーン・デービスとギャリー・オニールは今シーズン得点するまで髪を切らない掛けをしているらしい。 二人とも未だノーゴール
■レスター アシスタント・コーチのマイク・ストーウェルが2日のシェフィールド・ W戦でレフリーに暴言を吐いたとしてFAから罰金を言い渡された模様
■リーグチャンピオンシップ 11月の月間監督賞はダービー・カウンティのビリー・デービスが受賞、11月は6戦6勝
■イプスウィッチ ハイバーニアンのフルバック、スティーブン・ウィッタカーの獲得に動いている模様
■マザーウェル キース・ラズリーがインバネス戦で膝の十字靭帯を負傷、今シーズン絶望





posted by マスター at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | news
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。