2005年06月08日

ヒルズボロの悲劇



1989年4月15日FAカップセミファイナルで起こったイングランドフットボール史上最悪の惨事

シェフィールドのヒルズボロ・スタジアムで行われたリヴァプール対ノッティンガム・フォレストの試合前、
入場口が少なかったこともあり、試合開始にまでに入場できないサポーターの暴動を恐れた地元警察がゲートを開けると、すでに満員で立ち入る余地がながった立ち見席のスタンドにサポーターが雪崩れ込み、
ピッチとスタンドを仕切る頑丈なフェンスと後ろからの人の波で圧迫され、96人が死亡、負傷者200人以上の最悪の事態となった

当時はまだ立見席と、グラウンドとスタンドを隔てる金網が設置されていたが、この事故をきっかけにすべてのスタジアムから立見席と金網が撤去され、警備も強化された。スタンド改修で取り壊したとき、レンガやコンクリートを破片を売り出し4.000.000ポンド(現在のレートで約8億円)の基金が集まり、病院の機器購入などに使われた

多くのサポーターを失ったレッズの選手達は精神的にもショックを負い、試合を続けるかどうか自分達では判断できず、サポーターに判断を委ねた。サポーターは選手を後押ししプレーすることを望み、勝ち進んだレッズは決勝でライバルのエヴァートンを下しFAカップの優勝トロフィーを手にした

アンフィールドのシャンクリー・ゲートのぞばには、亡くなった96人の名前が刻まれた慰霊碑が建てられている。慰霊碑は常に火が灯され、現在も沢山の花が供えられている

当時選手だったフィル・トンプソンは「クラブ史上、最も悲しい出来事だった。ヒルズボロの悲劇は二度と起きてはならないんだ」と言葉を残している



2012年9月12日追加





ヒルズボロの悲劇:秘匿文書公開で首相が謝罪

Cameron's speech - text and video





2013年3月9日追加
最年少の犠牲者はジャン・ポール・ギルフリー10歳の少年。この少年はスティーブン・ジェラードの従弟
ヒルズボロの真実が明らかになった後に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦(9月23日)でジェラードは先制点を決め、ゴール後パフォーマンスで天に祈りを捧げている



プレミアリーグの戦術と戦略 日本人選手活躍の条件 (ベスト新書)




posted by マスター at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | memo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。