2005年06月17日

Dixie Dean



ウィリアム・ラルフ・”ディキシー”ディーン William Ralph "Dixie" Dean (1907-1980)

伝説のゴールスコアラー

1907年1月22日マージーサイド生まれ トランメア・ローバーツで29試合27得点を記録し1925年に17歳でエヴァートンへ移籍、最初のシーズンは38試合で32得点。
1926年6月10日19歳の時、バイク事故で頭蓋骨を骨折、36時間意識不明で命も危ぶまれた。医師はサッカー選手としてのキャリアは終わったとしていたが、その後驚異的な回復をみせ、15週間後にはピッチに立っていた。
1927-28シーズンには39試合で60得点を記録、それまでの記録は2ndディビジョンでのボロのジョージ・カムセル(George Camsell)の59得点、ディキシー・ディーンは最後の3試合で11得点(ヴィラ戦4点、バーンリー戦4点、アーセナル戦3点)を奪い記録を更新した。オフサイドルール改定により守備が崩壊状態にありリーグ全体のゴール数もあがっていたが、60という数字は驚異的。記録は今度破られることがないと言われている。ちなみにこのシーズンのチーム全得点は102だった。
この年にイングランド代表デビュー、代表通算は16試合18得点。最初の5試合で12得点。
1927-28シーズン、リーグ、カップ戦、代表戦を合わせると82得点を記録している
178cmと決して大柄ではないが俊敏な動きと強靭な体を駆使し正確なヘディングを得意としていた。

「ディキシー」と呼ばれることに本人は嫌がっていたらしく、「ウィリアム」、「ビル」と呼ばれるのを好んでいた

69歳の1976年に11月に血栓症にかかり右足を切断している

73歳の1980年3月1日グディソン・パークで行われたマージーサイドダービーを観戦、試合終了後スタンド息をひきとった

1921-22 ヘスウォールFC
1922-23 ペンシー・ユナイテッド
1923-25 トランメア(29試合27得点)
1925-37 エヴァートン(399試合349得点)
1938-39 ノッツ・カウンティ(9試合3得点)
1939- スリゴ・ローバーツ
1940- ハーストFC

トップチームでの1試合平均得点は0.94(502試合473得点)、ちなみにアラン・シアラーが0.51(2004-05終了時点:692試合365得点)

ハットトリック37回

トップリーグ優勝2回(1927-28,1931-32)、FAカップ1回(1933)





posted by マスター at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | memo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。