2005年10月18日

The"Goal of the Century"



ディエゴ・マラドーナ diego maradona

伝説の5人抜きドリブルゴール “Goal of the Century”

1986年のワールドカップ、イングランド戦
交わされたのは1人目ピーター・ベアズリー、2人目ピーター・リード(元マンチェスター・C、サンダーランド、リーズ、コヴェントリー監督)、3人目テリー・ブッチャー(元コヴェントリー、サンダーランド、現マザーウェル監督)、4人目テリー・フェンウィック(元ポーツマス監督)、5人目はGKのピーター・シルトン(元プリマス監督)の5人

全部で11タッチ、すべて左足でコントロールしていた

この試合で2得点を記録したマラドーナ、ちなみに1点目は神の手として有名なゴール


http://www.youtube.com/watch?v=XYgeL2axN30
最初は神の手、40秒あたりから

1986.6.22 Mexico City/Estadio Azteca
ARGENTINA 2-1 ENGLAND (~115000)
Maradona51'、56'/Lineker81'

ARG
Pumpido
Cuciuffo, Brown, Ruggeri, Olarticoechea
Batista, Giusti,Burruchaga (76 Tapia), Enrique
Valdano, Maradona (c)

ENG
Peter Shilton (captain)
Gary M Stevens, Kevin Sansom, Terry Fenwick, Terry Butcher
Glen Hoddle, Steve Hodge, Peter Reid (sub Waddle), Trevor Steven (sub John Barnes), Peter Beardsley, Gary Lineker

booked: Batista / Fenwick, Butcher





posted by マスター at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | memo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。