2005年10月18日

Xavier suspended



■ボロ アベル・シャビエル、9月29日のUEFAカップ戦後のドラッグテストで陽性、FIFAから出場停止を言い渡された。停止期間は今後の検査結果で決まる模様
■ガナーズ 火曜日のチャンピオンズリーグに負傷が完全に癒えてはいないティエリ・アンリを出場される模様、アンリは9月7日のアイルランド戦で鼠蹊部を負傷し欠場していた。
ソル・キャンベル、フレディ・ユングベリ、アシュリー・コール、アレクサンドル・フレブを怪我で欠き、デニス・ベルカンプは遠征に同行しない
■レッズ 水曜日のチャンピオンズリーグ、アンデルレヒト戦にハリー・キューウェルが復帰予定
■マンチェスター・ユナイテッド ルイス・サアとウェズ・ブラウンがトレーニングに復帰した模様
■マンチェスター・ユナイテッド サンダーランド戦でアラン・スミスが足首を痛めた模様
■バーミンガムが獲得を狙っているオーストリア代表のポール・シャルナール(Paul Scharner/DF)にボロも興味を示している模様
■ヘルタ・ベルリンを退団している元ドイツ代表のフレディ・ボビッチがハーツで3日間のトライアルを受ける模様
■マグパイズ リー・ボウヤー、ウィガン戦で負傷交代したが、今節のノースイーストダービーには出場出来る見込み
■ボルトン サム・アラダイス、チェルシー戦でミカエル・エッシェンによるベンハイムへ危険なタックルで、レッドカードを免れようと自らも負傷した振りをしていたとしてエッシェンを非難、FAもビデオで調査する模様
■マンチェスター・C リチャード・ダン、膝を負傷、数週間アウト
■ヴィラ バーミンガム戦の試合後、オレアリー監督がピッチの反対側まで行き手を振りバーミンガムサポーターを挑発行為したとして主審のグラハム・ポールがFAへ報告、FAが調査する模様。オレアリーは観戦に訪れていたダグ・エリス会長の所へ勝利を報告しに行っただけとし挑発行為を否定している
■トフィーズ 2000-2001シーズン昇格した年にUEFAカップ出場権を獲得し、次の2001-2002シーズンで降格したイプスウィッチと比較されていることについえモイーズ監督は状況が違うし気にしていないとコメント
■FAI(アイルランドサッカー協会)がサー・アレックス・ファーガソンへオファーしたと元マンチェスター・Uのデニス・アーウィンが言ったとDaily Starが報道、ファーガソン監督は代表監督就任を否定
■トフィーズ アレッサンドロ・ピストーネ、膝の十字靱帯を負傷し今シーズン絶望と言われていたが、本人は3月の復帰を目指している
■ブラックバーン レッズ戦で退場となったズラ・ヒザニシュビリのレッドカード取り消しを求めFAへ上告する模様
■ボルトン チェルシー戦で退場となったリカルド・ガードナーのレッドカード取り消しを求めFAへ上告する模様
■バギーズ 稲本潤一とリカルド・シュメカがローンで移籍する用意があるという報道をロブソン監督は否定、
■ウェールズ代表監督のジョン・トシャック、スタメンを外れているWBAのロバート・アーンショウ、ハマーズのジェームズ・コリンズに常時出場できるクラブへ移籍した方がいいとコメント
■ボロ ウーゴ・エヒオグ、リバーサイドで現役を終えることを希望している
■マンチェスター・ユナイテッド リザーブコーチのリッキー・スブラジアがボルトンのアシスタントコーチに就任したため、後任にオランダ人のRene Meulensteenが就任した
■マラリアで入院中のロマノ・ルアルア、病院に運ばれる前は視力低下、記憶喪失、体の麻痺などがあり死の恐怖を感じ人生で最も悪い体験だったと語った。ルアルアは現在も入院しているが、順調に回復している模様



posted by マスター at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | news
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。